大分市猟友会

SCHEDULE狩猟免許更新日程

ホーム > ハンターを目指す方 > 狩猟免許更新日程

狩猟免許取得・更新・講習について

狩猟を行うには各種免許の取得・更新・事前講習の受講及び狩猟登録を申請する必要があります。
免許の種類によって試験日や事前講習、更新期限、登録期限が異なりますのでそれぞれ日程をご確認ください。
免許取得更新・講習に関してご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

2019年度 狩猟免許更新日程

◇申請は、住所地を管轄する振興局にて印鑑及び手数料を持参のうえ行うこと。

狩猟免許更新日程

1. 対象者

平成28年度に狩猟免許を取得した者。

2. 申請書に添付するもの

狩猟免許更新申請書は、県振興局に備付けの用紙を使用すること。
①写真1枚
最近6ヶ月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景の縦3.0cm、横2.4cmの写真で、その裏面に氏名及び撮影年月日を記載したもの。
②医師の診断書
3ヶ月以内に作成されたもの。または、銃砲の所持許可を現に受けている場合は、その所持許可証の写し。
統合失調症、そううつ病(そう病及びうつ病を含む)及びてんかん(発作が再発する恐れがないもの、発作が再発しても意識障害がもたらされないもの及び発作が睡眠中に限り再発するものを除く)にかかっていないこと並びに麻薬、大麻、あへん及び覚せい剤の中毒者でないことを証明するもの。
③返信用封筒1通
郵便切手を添付し宛名を書いた封筒、また2種以上更新する場合も1通で可。
④申請書を提出する日前1年以内の期間に、大分県内で有害鳥獣捕獲に従事した者については、下記の(1)〜(3)のいずれかの書面。
(1)従事者証の表面及び裏面の写し
(但し、裏面の報告欄に記載が無い場合は、県猟友会発行会員手帳の身分証明書及び実包管理表の写し、又は、有害鳥獣捕獲等作業日誌の写しを添付すること)
(2)許可証の表面及び裏面の写し
(但し、報告欄に記載が無い場合は、県猟友会発行会員手帳の身分証明書及び実包管理表の写し、又は、有害鳥獣捕獲等作業日誌の写しを添付すること)
(3)市町村発行の有害鳥獣捕獲許可に係る証明書

3. 手数料

網猟・わな猟・第一種銃猟・第二種銃猟、各免許ごとに下記手数料が必要となる。
ただし、申請書を提出する日前1年以内の期間に、大分県内で有害鳥獣捕獲に従事した者については、県の政策により2019年度は徴収しない。
各々2,900円

4. 当日の携帯品

受験票(振興局から事前送付、記載されている期日の狩猟免許試験のみ有効)、筆記具及び眼鏡等

5. 講習及び適性検査

午前9時から午後5時まで(中部振興局分については午後1時から午後5時まで)
①講習:鳥獣保護及び狩猟に関する法令、鳥獣の判別、猟具の取扱い及び鳥獣の保護管理に関する知識
②適性検査:視力、聴力及び運動能力

6. 合格発表

合格の発表は、更新当日に行う。

7. 注意事項

不明な点については、上記の管轄振興局まで問い合わせること。
申請者は、住所地を管轄する振興局が開催する更新検査会場にて受験するものとする。
ただし、仕事等の都合によりやむを得ず受験できない場合又は勤務先のある他会場での受験を希望する場合は、速やかに、その旨を管轄振興局まで連絡し、
その指示を受けること。それでもなお、受験できなかった者は、9月13日(金)に県庁舎本館正庁ホールで受験すること。
災害その他次に掲げるやむを得ない理由のため、受付期間中に申請できなかった者については、次に示す者である旨を証する書類を添えて各講習日の2日前までに各振興局へ申請した場合に限り、申請を受け付けるものとする。
(1)海外旅行をしていたこと
(2)病気にかかり、または負傷していたこと
(3)法令の規定により身体の自由を拘束されていたこと
(4)社会の慣習上または業務の遂行上やむを得ない緊急の用務が生じていたこと

大分県農林水産部 森との共生推進室